交通事故

交通事故の弁護士費用は相談料無料、着手金無料、成功報酬は保険会社の提示額からの増額分の10%です。
他の分野は結構バラつきがありますが、交通事故の弁護士費用はほとんどの事務所がこの料金体系でした。

zikokoutu

 

 

 

 

 

 

なぜ交通事故の弁護士費用がこんなに安いかというと儲かるからなんですね。
交通事故の損害賠償は死亡や重度の障害がある場合、数千万から数億円となる場合があります。その10%でも数百万から数千万ですから、弁護士にとって割の良い仕事なんです。

それでも弁護士に頼んだ方が良いことは間違いありません。多くの保険会社の提示額は低く裁判をやれば、ほとんどの案件で増額されるからです。

弁護士の力量をよく見ること

ただし、どれくらい増額できるかは弁護士の力量次第です。
前述のとおり交通事故案件は儲かる仕事のため多くの法律事務所が取り扱っています。交通事故を主力としている事務所も多いです。
しかし、知り合いの弁護士に聞いたところ本当は実力がないところも多いようです。

交通事故の案件は、賠償額が大きくなるため弁護士選びで次第であなたが獲得できる金銭が本当に大きく変わります。費用を考えつつも慎重な弁護士選びが要求されます。

なお、最初に書いた交通事故の弁護士費用の相場は、死亡事故や高度の後遺症をもった場合です。軽度または中度の怪我などの場合は、そもそも相談を受け付けていなかったり無料相談の対象から外しているところが多いです。

これは軽度の事故の場合は、損害賠償の額が小さいため弁護士が割にあわないとして仕事を引き受けたくない傾向があるということです。軽い事故も重い事故も同じ事件1件ですから、法律事務所としては効率よく仕事をしたいということなのでしょうが、少し悲しい気持ちになりますね。

もちろん小さな事故の場合も一生懸命やってくれる先生はいるはずですから地道に探して行きましょう。

なお、自動車保険に入っている場合、弁護士費用特約と言って、保険会社が弁護士費用を負担してくれる場合がありますのでチェックしておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ