日本では名誉毀損の損害賠償は低額

上原多香子さんが文藝春秋を名誉毀損で訴えていた事件の判決が出ました。

結論として、名誉毀損と認定され、東京地裁は110万円を損害賠償するよう命じました。

文藝春秋社は週刊文春で上原さんを黒い芸能人と題し、暴力団が付き合いがあると報じましたが、裁判所は、テレビ番組でこの飲食店を紹介した際に一度訪れただけで、暴力団と関わりがあるとはいえないと判断したのです。

しかし、芸能人という地位がありながら、全国区の週刊誌に名誉を毀損されたのに損害賠償額がたったの110万円なのです。

これが海外ならおそらく、数千万、下手をすれば億単位の事件にもなりえます。

芸能人に対するマスコミの名誉毀損でさえこの金額ですから、一般人が名誉毀損をした場合などは、その損害賠償額は数万円〜数十万円ということがほとんどのようです。

そうなると、弁護士費用も数十万円程度ですから、弁護士を依頼するには、割に合わないということになってしまいます。実際インターネット上では、数多くの侮辱や名誉毀損が放置されています。

名誉毀損案件を低額で受任してくれる弁護士か、高額の判決を出す裁判官の登場が待たれます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ