成功報酬の「成功」とは?

弁護士に事件を依頼する場合、通常、着手金と成功報酬がかかります。

着手金は仕事を始めてもらう前に払うお金でわかりやすいのですが、成功報酬がどういう場合に発生するのかは、きちんと確認しておかないとトラブルになります。

民事事件の場合、通常成功報酬は、回収した金額の何%もしくは相手の請求額から減らした額の何%というように決めます。
この場合は、たとえば、100万円回収したうちの16%である16万円を払えば良いのだなとわかります。

しかし、回収した金額ではなく、経済的利益とだけ書かれている場合はちょっと注意が必要です。
たとえば、裁判で100万円を払ってもらう内容の判決をもらっても、相手がお金を持っていなければ回収できません。しかし、それでも、弁護士の仕事は「成功」しているとも言えます。
そうすると、あなたは1円も回収できないのに、16万円の成功報酬を弁護士に払わなくてはいけないかもしれません。

また、刑事事件や家事事件の場合はもっと注意が必要です。
刑事事件の弁護の「成功」とは何でしょうか。
たとえば、万引きをして逮捕された場合、釈放されたら成功なのか、不起訴になったら成功なのか、起訴されても執行猶予がつけば成功なのか。
成功報酬が安くとも、成功とは言えないような場合まで、成功報酬が発生するとすれば、結局、その法律事務所の弁護士費用は高いといえるはずです。

離婚事件でも、お互い離婚には最初から同意しているのに、離婚が成立すると成功報酬を取るという契約になっているかもしれません。
これでは、弁護士に頼んでも頼まなくても結果が変わらないのに、弁護士費用が取られる可能性があるということになってしまいます。

成功とはどのような場合のことを言うのか。
この点は契約時にきちんと確認しましょう。そしてその際の説明に納得できないのであれば、契約はしてはいけません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ