自己破産

自己破産には、同時廃止破産と管財人破産の2つがあります。
同時廃止破産とは、財産がほとんどなく、ギャンブル歴などもない問題点の少ない個人がやる破産で、管財人破産は、事業者が破産する場合や、借金もあるが財産もかなりある、ギャンブル歴など問題点の多い方がやる破産です。

自己破産の場合、他の弁護士費用と異なり、着手金、成功報酬と分けて報酬をとっているところは少ないです。
自己破産できないということは、ほとんどないため、成功して当たり前の手続きですし、報酬を取るのが難しいため、申し立て前までに弁護士費用を積み立ててもらうという形をとっている法律事務所がほとんどです。

同時廃止

同時廃止破産の費用の相場を調べたところ、
15万円、25万円、18万円、14万円、12万円、28万円とかなりバラつきがありました。
また、上記の弁護士費用の他に、裁判所におさめるお金や経費として1万5000円程度のお金を取っているところが多かったです。
上記の数字は総額ですから、着手金と、成功報酬と分ける形にしている法律事務所については、必ず総額と比較することが必要です。

管財手続き

管財人がつく場合の弁護士用をいくつか調べたところでは
30万円、35万円、25万円、18万円、20万円でした。
また、これとは別に管財人らにおさめる費用としておよそ23万円のお金が必要となります。

破産をするような状況にある場合、以上の弁護士費用を捻出するのは難しいという方がほとんどでしょう。
しかし、弁護士が介入すると、借金の取りたてが止まります。
借金を返すのをストップして、破産するための弁護士費用を何ヶ月もかけて積み立てていくということになります。
ですから、借金を返しつつお金をためようとするのではなく、最初から弁護士に依頼してしまうようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ