親権

離婚する夫婦に子供がいる場合、どちらが親権を持つのか決めてなくてはいけません。

親権の取得を弁護士に依頼する場合、いくらくらいかかるのでしょうか。
まず、親権争いだけを弁護士に依頼することはできません。

調停では、離婚そのもの、親権や財産分与、養育費といったことをまとめて話し合います。
したがって、親権争いを依頼するということは、他のことも弁護士に依頼するということになるのです。

kid0061-009

 

 

 

 

もっとも、親権争いをするかどうかで離婚そのものの弁護士費用を変えている法律事務所も少なくありません。

たとえば、親権争いをしない場合は着手金30万円、親権争いをする場合は着手金40万円というようにです。
一方で、親権争いをしようがしまいが、料金が一緒という事務所もあります。

弁護士への依頼は冷静になってから

もちろん、親権は子供を育てたいという意思を責任感がある場合に主張すべきであり、弁護士費用が安いから主張する、高いから主張しないというものではありません。

いくらかかるかの打算で親権を主張したりしなかったりする人もいないでしょう。

ですが気をつけてください。

そういった親心を利用して、離婚の弁護士費用を高めにしているところもあるからです。

どう見ても、親権を取れそうにないのに、安易に「やってみましょう!」などと言って安請け合いする弁護士がいるのです。

そういったところに頼んだからと言って、親権が取れるとは限りません。

「離婚に強い弁護士」と自称するのは自由ですが、親権を取れなかったからと言って、その事務所が何か責任を取るわけでもないのです。

もちろん着手金も返ってきません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ