無料法律相談

弁護士の法律相談は30分5000円というのが相場なのですが、無料相談をしている場合もあります。
ここでは、利用できる無料法律相談についての情報をまとめてみました。

無料法律相談を利用する場合、選択肢としては以下の3点があります。

  • 法テラスを利用する
  • 弁護士会を利用する
  • 一般の法律事務所を利用する

法テラス

法テラスは税金で運営しており、経済的に貧困な方は、法テラスで無料法律相談を受けることができます。
経済的に余裕がある場合は、有料となります。
1人くらしの場合は、手取りの月収が18万2000円以下で、かつ、現金、預貯金が180万年以下であることが必要です。

なお、条件を満たす場合、法テラスは相談だけでなく、その後の着手金も立替してくれますが、その費用はあとから自分で分割して返すことになります。
したがって何でも無料というわけではありませんので注意しましょう。

法テラスの欠点としては、国の機関であるため、扱えない分野があるということと弁護士を選べないということにあります。
たとえば、刑事事件や国賠訴訟は法テラスを使えません
また、予約をして、その日担当した弁護士が原則自分の代理人ということになります。
この弁護士は嫌だから別の人というわけにはいきません。

弁護士会の法律相談

弁護士会の法律相談は有料のところが多いのですが、分野によっては、無料としています。
無料となっている分野は主に借金問題です。
また被災地相談や、交通事故の相談も無料としている場合があります。

弁護士会の法律相談の欠点も担当を選べないことにあります。

一般の法律事務所

一般の法律事務所の相談は原則有料です。

ただし、その事務所が力を入れている分野などは、無料法律相談としていることがよくあります。
現在、借金問題はどこも無料にしていますし、交通事故も無料相談の事務所が多いです。
また、刑事事件で、家族が逮捕されている場合にのみ、無料としているところもあります。

他にも、依頼した場合には、相談料を無料にするというところもあります。

一般の法律事務所の無料相談を利用する場合は、自分で依頼しようとする分野に強い法律事務所、弁護士を選べることが最大の魅力です。
欠点は、一般の法律事務所の中には、無料相談をエサにして、依頼させ、着手金や成功報酬を高めに取る事務所があるということです。
そういった事務所を見分ける力が無い人には、おすすめできません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ