刑事事件

刑事事件の弁護士費用も事務所によってバラバラです。
相場としては着手金30万、報酬30万、警察での面会1回につき2万です。
面会の費用についてはこちら

罪を争う大変な事件など事案によっては着手金50万〜などとしているところもあります。
罪を争う事件についての費用はこちら

目安としては刑事事件1件につき60万円〜120万くらいまでが相場と思っていると良いでしょう。
刑事事件5つの事務所のまとめ

刑事事件は他の業務と違いリピーターがいないためか、評判がわからず、費用くらいしか比較材料がありません。
一般の方はネットで検索して一番有名なところに頼みがちですが、刑事事件で力を入れている事務所の中には、相場より相当高い(高すぎる)ところもあるので注意が必要です。

一見、着手金40万などと書いてあっても、ホームページをよく見ると、示談や保釈などが全て別料金ということがよくあります。
示談についてはこちら
逮捕・勾留からの釈放についてはこちら
保釈についてはこちら
その場合、結局、まともに刑事事件を処理しようと思うと200万くらいかかる計算になります。

ただし刑事事件といっても色々あります。逮捕されている事件と逮捕はされていない事件では重みが全く違います。痴漢と殺人でも全然違います。

ホームページの内容を隅から隅まで見て、納得してから事務所に相談に行きましょう。

経済的な事情があって弁護士をつけられない方

なお、刑事事件の場合は私選弁護人をつけず、国選を使うという手もあります。
国選とは弁護士費用を払えない貧しい方に国がかわりに弁護士をつけるというものです。
資力要件を満たせば国選弁護人がつきます(ただし起訴されてからです。起訴まえの容疑者の段階では一定の罪以上でなければ国選弁護士はつきません)。
国選弁護士は私選と比べて能力が低い、やる気がないという人もいますが、中には熱心にやってくれる先生もいます。
国選については詳しくはこちら

国選と私選の違いは能力云々というより自分で選べるかどうかということでしょう。
私選は自分で好きな先生をつけれますが、国選ではそんな贅沢は言えません。
弁護士との相性は結構大事ですから。
なおお金がないふりをして、国選弁護士をつけても、経済力があるとわかれば裁判で訴訟費用を本人に負担させるという判決がでることもあります。国選弁護士だった上に費用まで負担させられては、がっかりですから、そこは正直にいきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ