示談交渉

通常の刑事事件では、示談をすることが弁護活動の中心になります。
示談をすることで釈放されたり、不起訴になったり刑が軽くなったりするからです。

示談をする場合は、弁護士に交渉してもらい、示談金を支払います。
そして示談書を作って、検察庁や裁判所にその示談書を提出するという流れです。

示談は刑事弁護の基本ですので、ほとんどの事務所は基本料金に含まれていますが、いくつかの法律事務所では、別途料金やオプションという形でお金をとっているところがあります。
示談交渉で別途費用を取る事務所の相場としては下記の通りでした。

着手金5万円〜35万円
成功報酬5万円〜21万円または別途見積もり次第

一番多かったのは示談交渉の着手金21万円、成功報酬21万円でした。
示談をする場合、この弁護士費用の他に示談金自体も用意しなくてはいけません。
示談金の相場は事件の内容によって変わってくるので、なんとも言えませんが、弁護士費用を用意した結果示談金がなくなったという本末転倒の自体にだけはならないように注意しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ