刑事事件の5つの事務所まとめ

弁護士費用の相場についてのサイトを作っている間に、1つのことに気づきました。
それは、刑事事件の弁護士費用は、かなり事務所によって差があるということです。

もちろん、他の分野でも、バラつきはあります。たとえば破産などは結構差があります。
しかし、破産の費用は15万円〜30万程度と金額もそこまで高いわけではありません。

一方で、刑事事件は、法律事務所によって、破産以上に費用に差がありました。
しかも、刑事事件は15万円程度で終わることは、まず、ないようです。金額自体もほとんどの事務所が60万円以上と高額です。

まとめの内容

Yahooで「刑事事件 弁護士」と検索して出てきた1ページ目の5個の法律事務所について、費用をまとめてみます。順番は検索順位です。
事例としては、「成人した大学生が友人と一緒に通行人のサラリーマンを恐喝して逮捕されたが、すぐに弁護士に頼んで、示談成立、勾留請求却下、起訴猶予。接見は3回」という場合を想定しています。

アトム法律事務所
基本活動着手金63万円または84万円
身柄解放活動着手金21万円
勾留阻止報酬金42万円
示談交渉着手金21万円
基本活動報酬金不明
示談交渉報酬金不明
合計 147万円〜168万円+基本活動報酬金+示談交渉報酬金

大本総合法律事務所
着手金31万5000円
成功報酬42万円
勾留阻止成功報酬20万円
合計93万5000円

ヴィクトワール法律事務所
着手金31万5000円〜
報酬金31万5000円〜
日当(接見)1回分は無料。2回分で6万3000円〜
合計69万3000円〜

川合晋太郎法律事務所
着手金30万円(税別)〜
成功報酬金30万円(税別)〜
合計60万円(税別)〜

東京ディフェンダー法律事務所
着手金30万円〜50万円
報酬金30万円〜50万円
合計60万円〜100万円

検索順位が高いほど弁護士費用が高くなっています。特にアトム法律事務所というところが突出していました。これは高すぎだと思ったのですが、何か他と違いがあるのでしょうか。
あと、東京ディフェンダー法律事務所というところは税別か税込かよくわかりませんでした。

上限の記載がない法律事務所は、どこまで高くなるかわからないので、確かなことは言えませんが、さすがに、ホームページに記載している以上、その記載の倍以上のお金をとることはないと思われます。
そうすると、費用の相場はやはり60万円〜120万円程度と言えそうです。

なお、上記はどれも東京の法律事務所です。
近いうちに地方の法律事務所についても調べてみたいとおもいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ