不倫の裁判

不倫の慰謝料問題も、示談交渉で決着がつかない場合は、裁判をすることになります。

裁判になった場合の弁護士費用の相場は、示談交渉から継続してい依頼する場合と、最初から裁判を依頼する場合で変わります。
交渉から継続して依頼する場合は、裁判になった際に10万5000円を追加着手金としているところが多いです。
一方、いきなり裁判をする場合は、着手金30万円としているところが多いです。

成功報酬については、交渉の場合とあまり違いがなく、10%から20%程度なっています。

裁判にかかる費用

裁判をやる場合は、弁護士費用とは別のものにも注意が必要です。
それが印紙代と切手代です。

たとえば、慰謝料を200万円請求する場合は、1万5000円、慰謝料を500万円請求する場合は3万円の印紙代がかかります。
これは原告がいったん裁判所におさめるお金です。
判決で勝てば、これらの費用は被告に払わせることができますが、勝訴する場合でも全額請求認められることは少ないですし、和解の場合は、和解金に含めるとするのが一般的です。
また、裁判所から被告に訴状などを送る費用などとして、約6000円分の切手をおさめる必要もあります。

意外と見落としがちなのでこれらの費用もかかるということを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ