自動車事故の弁護士費用特約

自分が交通事故の加害者となった場合、被害者との示談交渉は保険会社がやることになります。

一方、被害者となった場合には、原則として、自分でまたは弁護士などの代理人をつけて加害者側と交渉していかなくてはいけません。

交通事故の被害者になったということは、体や心に傷を負っているでしょうから、自分で交渉するのはしんどく、弁護士をつけるのが一般的でしょう。

その際に問題となるのが弁護士費用です。
交通事故の弁護士費用については、既に解説していますが、重大事故は成功報酬がかなりの額になりますし、小さな事故であれば着手金を求められるのが通常です。
そして、いずれにしても最低30万、高額の場合は数百万、1000万ということも少なくありません。

これを自分で払うのはかなりの負担です。
ただし、損害保険に入っている場合、自分が被害者となった場合の弁護士費用を保険会社が負担してくれるという契約になっている場合が少なくありません。

このことは意外と知らない人が多いのです。
せっかく毎年高い保険料を払ってきたわけですから、必ず約款を確認しましょう。
通常は上限300万円となっているとおもいますが、保険会社が弁護士費用を負担するという特約がついているはずです。

なお特約を使う段階になって保険会社に確認しても、「本件では使えません」と回答されるケースが少なからずあります。

保険会社は保険金を払わないほうが、利益が出るのですから、全面的に信頼するのではなく、約款を自分で見ることです。
また、依頼しようとしている弁護士に確認してもらうのが一番手っ取り早いので、弁護士に相談に行く際に約款も持参すると良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ